関東支部の新体制のお知らせ

旧支部長 千葉中央メディカルセンター 石田隆

2000年にJF研究会が発足し全国に支部が設置されて以来、関東支部は継続して活動を続けて参りました。発足時は小林暁美先生が支部長を務められ、その後は河野克彦先生を中心として現在の支部体制が築かれていきました。2013年に河野先生からバトンを受け取り、私が支部長という重責を担わせて頂きました。それ以来、SJF学会の目的に賛同された多くの仲間達と共に、宇都宮理事長をはじめ全国の先生方に学ばせて頂きながら、真のPT・OTを目指して様々な活動を行っております。また、技術研修会や全国大会の開催など貴重な経験もさせて頂きました。
現在、関東支部では熱い志を持った次世代を担う人材が数多く所属しており、今後の組織の持続的な発展を促すために支部役員を交代することに致しました。支部長の後任は、長い間共に支部を支えてこられた百瀬康司先生にお願いすることにいたしました。在任中は、至らぬ点ばかりで皆様にご迷惑をおかけしてしまいましたが、心強い仲間の力添えにより 何とか乗り切ってこられたことに感謝の気持ちで一杯です。
これからは、吉野晴久先生に替わり地方理事としての役割を賜りましたので、少しでも お役に立てるよう努力していく所存です。今後も関東支部をどうぞよろしくお願いいたします。

新支部長  百瀬 康司

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
SJF学会関東支部は今年度より体制が変わりました。長年関東支部長として支部を支えてこられた石田先生がSJF学会の地方理事に就任され、新しい支部長として私、百瀬が就任いたしました。若輩者ですが、今まで以上に本部との繋がりを密にし、各会員からの意見も取り入れ、関東支部を盛り上げていけるように努力していく所存です。
世間では新型コロナウイルスの感染拡大が収まることなく様々なイベントが中止や延期に追い込まれております。
関東支部の研修会もしばらくは行えない今だからできること、今しかできないことを各自で考えて、この苦難が収束したときに生かせるようになっておく必要があるでしょう。
そのための一助となるような企画を関東支部役員で話し合っております。各会員の方々も体調に気を付けていただきたいと思います。
治療と訓練が曖昧になり理学療法や作業療法が何たるかもわかりにくくなっている昨今、本物のPhysical Therapist、Occupational Therapistを目指し、皆さんと歩んでいきたいと考えておりますので何卒よろしくお願い申し上げます。

Follow me!